中絶薬ってどんな薬ピル(経口避妊薬)とは何ですか

ピル(経口避妊薬)とは何ですか

    一九六〇年に米国食品医薬品局(FDA)で認可されて以来、世界の女性に最も広く使用されてきたのが経口避妊薬、いわゆるピルです。ピルというと本来丸薬を意味しますが、最近では経口避妊薬のことをさす程に、一般に広く知られています。現在は九千万人を超える女性に使われている最も信頼性の高い避妊法です。ピルが最初に紹介され頃は、高用量の卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン、プロゲストーゲンは人工的に合成された黄体ホルモンの総称で、プロスチンと同義語です)の配合剤でしたが、四十年近くをかけた研究の積み重ねによって、徐々にホルモン量が減少し、現在の低用量ピルを誕生させるに至りました。

     一九六〇年代の後半にはプロゲストーゲン単独のピル、いわゆるミニピルが開発されました。これは授乳中など、エストロゲンの使用が望ましくない女性にとっては有効な避妊法ですが、配合剤ピルに比べて避妊効果が落ちるという問題点が指摘されています(百人の女性が一年間ミニピルで避妊した場合の妊娠率は0.五~三、配合剤ピルでは0.一)。

     避妊を目的とするとはいえ、健康な女性が長期間にわたって服用するものですから、ピルほどに、研究評価の対象となり、また多くのデータが集められた薬品はありません。しかし、広く知られている副作用研究は、高用量ピルの時代のものであって、現在ではその多くが使用されていません。低用量ピルは、避妊効果を維持できる範囲でのホルモン用量の減量化が計られたこともあり、安全性は飛躍的に改善されました。そのため、最近では、医師の処方なしにピルを手に入れることのできる(これをオーバー.ザ.カウンター、OTCという)国もたくさんあります。

     ピルは、卵管や精管を結紮したりする不妊手術とは異なり妊娠を希望するときには、服用を中止しさえすればよいという可逆的避妊法の代表として、安全性、避妊法としての有効性と確実性の両面から高く評価されている避妊法の一つです。

 

中絶薬

中絶薬RU486北京紫竹-中絶薬RU486

価格:7000円(税込)

息隠:25mg×6錠米索前列醇片:0.2mg×3錠(一人分)/セット

経口中絶薬RU486 熟練した医師の厳重な監視下で使用するものです。中絶薬個人輸入によって入手した医薬品の取り扱い、服用による責任は輸入者個人に帰結し、弊社ではいかなる保障も出来ません。

購入公式サイトはこちら

RU486 中絶薬 (上海華聯)

RU486 中絶薬 (上海華聯)RU486 中絶薬 (上海華聯)

価格:7000円(税込)

息隠:25mg×6錠米索前列醇片:0.2mg×3錠(一人分)/セット

中絶薬RU486,個人輸入によって入手した医薬品の取り扱い、服用による責任は輸入者個人に帰結し、弊社ではいかなる保障も出来ません。中絶薬 RU486使用する前にあらかじめ、ru486 診察と超音波検査により子宮内の妊娠を確認診断する必要があります。

購入公式サイトはこちら